presented by
Menu
インタビュー: メーメット・ショル

「考えていたよりも感動するものだった」

すでに数週間前からFCバイエルンサテライトは試合を待っている状態。再三に渡り、天候を理由に試合が中止になった。しかし水曜の夜、ハイデンハイムとの一戦から再び試合ができそうだ。試合前にfcbayern.deはメーメット・ショル監督と会い、シーズン終了までぎっしりと詰まった試合日程、チームの成長と夏からスタートするコーチングライセンス研修について話しをした。


インタビュー: メーメット・ショル

fcbayern.de: ウィンターブレイクが8週間前に終了。それ以後、あなたのチームは4試合消化しました。今のところ多くのゲームが中止になっていますが、どのようにお考えですか?
ショル:「われわれはプロ、この状況のなかでベストを尽くすことになる。われわれはいいトレーニングをしている。人工芝でのトレーニングでは条件が難しくなるけどね。今のところ、冬の終わりはもう間近で、再び通常のリズムに戻ることになる。土曜、火曜、土曜、火曜、土曜、火曜とプレーをすることになる。英国週間となるんだ。われわれがこのリズムになれていなくても大きなメリットとなるかもしれない。チームはフィジカル的に逞しくなっている。全ての選手が体調万全なんだ。」

fcbayern.de: 水曜日に延期となっていた2位ハイデンハイムとの一戦がありますよね。
ショル:「われわれは今、試合を単純にしなければならない。われわれは13位で、ライバルたちよりも4試合少ない。われわれよりもゲームをしていないチームはいないんだ。ハイデンハイムとの一戦ではとても、とても難しい一戦を予想している。しかしながら、われわれのレベルを量るのにはいい相手でもある。」

fcbayern.de: FCバイエルンIIはウィンターブレイク後、4試合戦って3勝1敗の戦績。満足されていますか?
ショル:「われわれが向上できる、もしくは向上しなければいけない点が多くあるとしたとしても満足している。前線へのプレーのなかでは、まだパスミスまたはストライカーのフリーランニングのコースが合っていないことが多々ある。われわれのチームが向上したところはディフェンスの対応。われわれは得点機を許すことが少なくなり、失点も少なくなった。これにより試合に勝つチャンスが大きくなった。」

fcbayern.de: この向上は若いプレイヤーのこれまで培ってきた経験と関連しているのでしょうか?
ショル:「われわれがトレーニングのなかで求めている日々の競争から単純に成長したと思っている。日々成長しようとする子たちがとても多くチームにいる。」

fcbayern.de: デヴィッド・アラバはあなたのチームの主力ですが、ここのところトップチームで活躍しています。今後、彼をもう一度起用することができるのでしょうか?
ショル:「これを決めるのはルイス・ファン・ハール。ルイス・ファン・ハールが例えば、前節にデヴィッド・アラバは45分間プレーさせるべきと言えば、私は従うことになる。デヴィッドはほぼ完成された選手、彼に欠けているのは経験だけ。しかし彼は今、その経験を積んでいる。ルイス・ファン・ハールの下で彼はベストに育てられている。」

fcbayern.de: ルイス・ファン・ハールはメーメット・ショル監督の成長にも影響はありますか?
ショル:「週に一度、トップチームに行って、耳を傾けている。トレーニングプラン、トレーニングの経過 - とてもプロフェッショナル。観察することを楽しんでいるんだ。」