presented by
Menu
リベリー抜き

しかしフランクフルト戦、勝ち点3奪取は義務

マンチェスター・ユナイテッド戦は頭の中、アイントラハト・フランクフルト戦は目前 – チャンピオンズリーグ準々決勝の対戦相手がマンUに決まった翌日、FCバイエルンは敵地アイントラハトで勝利して、リーガ首位を堅守するつもりだ – もしかするとリードを広げることになるかもしれない。

ルイス・ファン・ハール監督はアウェー戦を前に、「私のチームはこのような状況にすでに慣れている。彼らはプロで、これまでいつもうまく切り換えてきた。われわれにはその能力がある、しかし難しくなる」とコメント(15時15分からライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)。マルク・ファン・ボンメル主将は、「切り換えることは簡単」とコメント:「われわれはマイスターになるつもり、そのためにはフランクフルトで勝たないと。われわれが通常どおり力をだせば、きっとうまくいくだろう。」

バイエルンはアウェーでの過去2戦、ニュルンベルクおよびケルンでもドローとタイトル争いで大切なポイントを失っている。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、「われわれは今後を決定する週を前にしている。われわれはブンデスリーガに集中しなければならない。フランクフルトで勝ち点3奪取を試みなければならない、CLでマンチェスター・ユナイテッドと対戦することが決まったばかりだから」とコメント。

フランクフルト(A) 、シャルケ(カップ戦準決勝A)、シュトゥットガルト(H)、マンU(H)とレヴァークーゼン(A) - この期間にレコードマイスターがシーズン終了後のタイトル奪取の基盤を作ることができる - 逆に言えば、タイトルの可能性が消滅することもある。アリエン・ロッベンは、「次のゲーム、フランクフルトとシュトゥットガルトに勝てば、われわれはいくらか落ち着いてシャルケとレヴァークーゼン入りすることができる。」

リベリーの復帰は水曜日?

もしかすると勝ち点2ポイント差のシャルケ、もしくは勝ち点3ポイント差のレヴァークーゼンらとよりリードを広げた状態で対戦することになるかもしれない。両チームは来週の週末には直接対決、その前にはアウェーで厳しい一戦を戦わなければいけない。レヴァークーゼンは土曜にドルトムントで、そしてシャルケは日曜日にハンブルガーSVで対戦する。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「われわれは自力で(マイスターに向けて)あともう少しとしたい」とコメント。しかしながらファン・ハールは引き続き、ケガ人のマリオ・ゴメス、マルティン・デミチェリスそれから調整不足のフランク・リベリーを欠くことになる。ルンメニゲは、「われわれはリベリーが水曜日のカップ戦には再び戻ってくると楽観的にみている」とコメント。

完全なる意志が問われる