presented by
Menu
マンU戦に向け

ゴメス復帰、ロッベンも軽傷

アリエン・ロッベンが、チャンピオンズリーグ準々決勝第1回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦に間に合うかどうかはまだ定かではない。しかし、完売のアリアンツ・アレーナでは、マリオ・ゴメスのプレーを見ることができるようになった。

ゴメスは筋断裂から回復し、日曜にチームの合同トレーニングに合流。火曜の試合では、少なくともベンチスタートからジョーカーとしての起用が可能だという。ゴメス本は日曜のトレーニングで余分にシュート練習をこなした後、「準備万端だよ。」と語っている。ゴメスが最後に試合に出場したのは、3月9日のフィオレンティーナ戦となっている。

これで、ファン・ハールが使用可能なFWのオプションが広がった。また、ロッベンの怪我も軽傷であることが分かっている。「ロッベンのふくらはぎの状態は機能よりもずっと良いようだ。」と、同じオランダ出身のファン・ボンメルが報告している。

誰がシュヴァインシュタイガーの代役を務めるのか

ロッベンは、土曜に1-2と敗戦を喫したシュトゥットガルト戦で、ふくらはぎに軽い肉離れを起こしている。そしてそれ以来、バイエルンのチームドクター、ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファート医師と医療スタッフのもとにかかりっきりで集中治療を受けている。マンU戦に間に合うかどうかがわかるのは、試合当日になるだろうとのことだ。

一方、絶対に出場できないのが、イエローカードの累積により出場停止となっているバスティアン・シュヴァインシュタイガー。彼の代わりにはアナトリー・ティモシュチュク、ダニエル・プラニッチ、またはマルティン・デミチェリスが起用される可能性がある。デミチェリスは顔面骨折から回復し、シュトゥットガルト戦では途中出場を果たしている。