presented by
Menu
バイエルン対シュトゥットガルト

ファン・ハール「非常に手痛い敗戦」

FCバイエルンは、ブンデスリーガにおけるタイトル争いから一歩後退を余儀なくされた。1週間前にはフランクフルト相手に不必要な負け方を下ばかりだが、今日はVfB シュトゥットガルトにホームで1-2と敗れ、首位の座を守って2位との差を開けようという野望は敗れるところとなった。この結果はマンチェスター・ユナイテッド戦前の最後の仕上げに失敗したことも意味し、選手たちや監督、関係者全員が失望している。

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「非常に手痛い敗戦だ。試合自体は互角だったと思う。われわれが先制したが、シュトゥットガルトが先制していてもおかしくなかった。シュトゥットガルトの2点目が決まったときは、バイエルンの選手たちがボールがすでにラインを割っていたと主張していた。その後は、守りを固めた相手をこじ開けることができなかった。もしかすれば、シャルケ戦の影響が出たのかもしれない。」

フィリップ・ラーム:「最初はなかなかうまく試合に入れなかった。集中力に欠けていたんだけど、それでも試合をうまく運んでいた。そのうち1-0と先制したけど、残念なことにその後に同点に追いつかれた。後半に入ると、初めの僕らのシステムがうまく機能していないうちに1-2と勝ち越されて、こうなったら難しいよ。最後まで戦ったけど、結果に結びつかなかったよ。」

ヨルク・ブット:「もちろん、ホームでの試合を落としていたらタイトル争いから後退する羽目になる。僕らは先制していたんだから、それから逆転負けを喫するようなことがあってはいけないんだ。」

クリスティアン・グロス:「10年以上も経っているから、そろそろ潮時だったんだ。前半は思っていたように試合が運ばず、いまいちだったけど、選手たちの成し遂げた結果に非常に喜んでいる。2-1と逆転できたおかげで勢いが付き、バイエルンをわれわれのゴールから遠ざけることができた。非常に効果的に守備ができたと思う。とにかく非常に嬉しいよ。もちろん、バイエルンはDFBカップの疲れも残っているだろうし、その助けもあったがね。」

カカウ:「僕らはこの試合を楽しみにしていたし、しっかりと準備してきた。選手たちは全員、全力を出し切ったよ。今日は僕らが勝てるって、みんな信じてたんだ。前半はいまいちだったけど、後半は良い試合ができたと思う。」