presented by
Menu
ふくらはぎ回復

ファン・ボイテン、チーム練習合流

チームの大半が代表に招集されているために、3人のGKと3人のフィールドプレイヤーだけがピッチ上にいた。このためチーム練習合流というと大げさかもしれない。アマチュアチームが水曜、トップチームの練習に参加したことにより、少なくとも9対9のゲームが行えた。

ダニエル・ファン・ボイテンは練習後、「とても良かった」とfcbayern.deに報告。32歳にとって復帰後初のトレーニングは好感触となった。2週間離脱した後に彼は水曜、チーム練習に合流することができた。チャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦フィオレンティーナ戦で負傷したふくらはぎの肉離れのために戦線離脱を強いられていた。

「ケルンでメンバー入りできることを望んでいる」

1m96の長身DFは再び痛みなしでプレーできている。彼は、「ふくらはぎに違和感は全くなかった」とトレーニング復帰後にコメント、そして土曜日のケルンでのブンデスリーガ第25節に向けて「ゴーサイン」をだした。「メンバー入りできることを望んでいる。」

ファン・ボイテンはすぐにスタメン復帰することになるかどうかについてまだ答えることはできなかった。「肉体的にまだもう少しトレーニングが必要」と彼は述べた、「だけどまだ水曜日。」この数日の間に彼は監督と話しをするつもりだ。ケルン戦3日後にはACフィオレンティーナでCL決勝トーナメント一回戦の第2戦が行われる。このためファン・ボイテンはケルンでできるだけ多くの出場時間を望んでいる。