presented by
Menu
フランクフルト戦のコメント

ファン・ボンメル「これで終わりではない」

FCバイエルンサイドではアイントラハト・フランクフルトに1:2と敗れた後、大きな失望があった。レコードマイスターは19試合不敗後のリーガ黒星により、FCシャルケ04とバイヤー・レヴァークーゼンらライバルたちにプレッシャーをかけられず。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「もちろん僕たちにとってはマイナス、試合終了5分前までは勝ち点3ポイントを獲得できていた」と述べた。同MFはこう求めた:「僕たちはこれからアウェーでもなるべく早く勝ち点を奪えるようにしなければならない。」


コメント一覧:

クリスティアン・ネルリンガー:「われわれは全体的に多くのスペースを与えてしまった。彼らにはいくつかの危険な得点機があった、このため危ない状況でもあった。もちろん試合終了前には結果を守りたいと願うもの、だけど100%確実とはいうことはない。われわれにとっては前を見据えること、チームを再び立て直すことがとても大切。われわれは今後、われわれのライバルと直接戦うことになる。チームはそこでは違うパフォーマンスでプレーするように取り組んでいかなければいけない。」

ルイス・ファン・ハール:「われわれのゲームを自ら手放したと考えている。もしかすると選手交代が多過ぎたのかもしれない、再びセンターバックが負傷してしまった。こうなればいつも難しくなるんだ。」

マルク・ファン・ボンメル:「われわれはブンデスリーガで久しぶりに敗れることになった、自分は新聞の見出しがすでに分かるよ: バイエルンはスランプ。しかし一試合負けた後に全てが終わるわけではない。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「もちろん僕たちにとってはマイナス、試合終了5分前までは勝ち点3ポイントを獲得できていた、しかし自分たちのミスからこの勝ち点3を失ってしまった。これはとても痛いこと。僕たちはこれからアウェーでもなるべく早く勝ち点を奪えるようにしなければならない。ドイツマイスターになるためにはアウェーでも勝たなければいけない。」

ミヒャエル・スキッベ:「われわれは開始1分から勇敢に戦った、どんなときにもわれわれはバイエルンに重圧をかけることを試みた。これが頻繁にうまくいった。交代によりもう一度少しばかり勢いと速さがでてきた。勝利に値する内容で、われわれにとってはすばらしい夜となった。」