presented by
Menu
主将残留

ファン・ボンメルが2011年まで契約延長

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボンメル主将がシーズン終了後に満了となる契約を2011年6月30日まで1年間延長することで合意した。

マルク・ファン・ボンメルは「1年間延長が自分の希望だった」と説明。「チームと成功し、タイトルを奪取したい。これが今季、そして来季のわれわれの目標。もしこれが達成できれば、再び話し合うことになる。」

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、「われわれがマルク・ファン・ボンメルと今後の行方を左右する週を前に合意して、契約を延長できたことをとても喜んでいる」と32歳のオランダ人の契約延長を歓迎した。

ルンメニゲは、「マルクは過去2、3年、とくに過去数ヶ月においてはわれわれのチームの重要な安定した勝利請負人だった。そのほかに彼はFCバイエルン・ミュンヘンのとてもすばらしい主将および代表なんだ」と引き続き強調した。