presented by
Menu
頭の切り換え

フライブルク戦に焦点を合わせる

ルイス・ファン・ハールはこの日、彼のメンバーにトレーニングセンターで回復トレーニングを指示していた。数名のプロ選手 - このなかには土曜日のフライブルク戦出場停止のバスティアン・シュヴァインシュタイガーの姿もあった - だけが屋外でトレーニングを行った。サテライトの数人がトレーニングに加わった。



フィオレンティーナ戦で力を消耗

フィオレンティーナとハードに戦ったチャンピオンズリーグ(CL)の一戦から2日後、そしてブンデスリーガ次節2日前にバイエルンは回復することに専念した。フィオレンティーナでの一戦が火曜日だったこともあり、「僕たちは次節までに一日多く時間がある。これはとても重要」とトーマス・ミュラーはコメント。

フィオレンティーナ相手に次のステージ進出を決めるためには、90分間のハードワークが必須だった。深夜にチーム宿舎で祝宴があった。ミュラーは、「そこでは深夜2時、3時前に寝つけない。翌日にはフライト、そして戻った後には再びトレーニング」とCLアウェー戦における3日間の遠征の辛労を語った。

「早くに回復する」

ミュラーは、「このような遠征、そして大変なゲームの後に戻ったら、誰もが体を休めないといけない」と引き続きコメント。しかしながら一番厄介なのは身体的な疲労ではない。代表MFは、「身体的な疲労は英国週間ではいつもある。問題なのは、すぐに集中できないこと」とコメント。マルク・ファン・ボンメルも、「身体的には問題ない、しかし精神的にはたまに単純にはいかない」とコメント。

多くのバイエルンプロ選手はここ数年の経験からこのリズムに慣れている。ファン・ボンメル主将は、「今日からフライブルクに焦点を合わせる」とコメント。プロ一年目のミュラーもすでに順応していた。「頭の切り換えはもう難しくない」と全部で4度目のCL遠征後にコメント:「今は、早く回復して、そして再び戦うことになる。」バイエルンはフライブルクとの一戦の勝利で首位を堅守するつもりだ。ミュラーはこういう:「われわれはブンデスリーガで使命があるんだ。」