presented by
Menu
ドイツ代表、アルゼンチンに敗れる

ミュラーデビュー、ミーチョほお骨骨折の疑い

ドイツ代表、黒星でW杯イヤースタート。ヨアヒム・レブ代表監督率いるチームは本大会99日前に、アルゼンチン代表に0:1と敗れた。ゴンサロ・イグアインが前半45分に決勝弾を奪った。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「いい相手にいいテストマッチだった。アルゼンチンはいいサッカーをしていた。彼らがボールを失うことはなかった」とコメント。この夜、FCバイエルンルーキーのトーマス・ミュラーが代表デビューを飾った。

20歳は、「このような試合に出場したことはもちろんとてもすばらしい感覚 – それもホームでね。これ以上(勝利)にならなかったことは残念」とコメント。後半23分まで右サイドで勇敢なプレーをみせた。「悪くない印象を残したと考えている。」