presented by
Menu
決勝弾

リベリー、格の違いをみせる

フランク・リベリーがとても急いでいた。フランス人は急ぎ足でアリアンツ・アレーナのミックス・ゾーンを抜け、駐車場に向かった。「ごめん – 空港に行かないといけないから」と同26歳からこれ以上のステートメントは聞くことはできなかった。試合後、すぐにフランス代表の下に向かったリベリーだが、きっといくらか話すことはあっただろう。

リベリーは後半33分のゴールでハンブルガーSV戦のホーム戦勝利だけではなく、652日ぶりの首位もFCバイエルンにもたらした。ほかの者が彼の代わりに話しをすることになった。ハードに戦った100回目の南北ダービー戦の後、リベリーに話しが及ぶと誰もがこうコメント: バイエルンMFスターは今回、違いをみせた。

FCバイエルン監督ルイス・ファン・ハールは、「違いは個々の力。フランク・リベリーがこの試合を決めた」とコメント。HSV監督ブルーノ・ラッバディアも、「リベリーの個々の能力が試合を決めた」と説明。彼のチームにとってはアリアンツ・アレーナではブンデスリーガ初黒星となった。

今季3点目とともにハンブルガーSV戦の「アレーナの呪い」を破るためにリベリーが才能ある瞬間をみせた。自陣からのロングパス後、彼は相手DFガイ・デメルを交わし、ゴール手前16、17メートルから豪快に蹴り込んだ。HSVGKヴォルフガング・ヘスルは何とか触ることができた、が、得点を防ぐことはできなかった:「われわれはペナルティーエリア内でリベリーに2人で寄せなければならなかった、フリーにしてはいけなかった。切り返して、シュートを放ったんだ。」

トーマス・ミュラーは、「フランク・リベリーはとても非凡な能力のある選手、彼はゲームを決めることができる」とマン・オブ・ザ・マッチについてコメント。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、「彼はあまりいいプレーをしていなかった、だけど彼がそれでもゲームを一人で決める力があるということをわれわれは目にすることになった」と喜んだ:「これが彼の能力、そして高いクオリティー。」

リベリーとロッベン、FCバイエルンにとって重要