presented by
Menu
最終メンバー決定前のラストマッチ

16人のバイエルン選手が代表戦へ

月曜のトレーニングでは、コーチングスタッフがプレイヤーの人数をほぼ上回ることになった。6人のスタッフがピッチ上に姿をみせ、7人のプレイヤーとチームトレーニングを行った。アナトリー・ティモシュチュク(ゲームなし)とダニエル・ファン・ボイテン(リハビリ)がミュンヘンに滞在しなければ、わずかに5人のプロ選手がトレーニングにいたことになる。ドイツレコードマイスターのトレーニング参加者が代表戦の時期にこれほど少なくなったことは稀である。今回は驚きの人数、16名のバイエルン選手が代表に参加している。

このうちの9選手はW杯に向けて今年初の代表戦を戦うことになる。5月のW杯メンバー招集前のラストマッチ - 南アフリカでユニホームをもらう前に代表入りをかけたラストチャンスとなる。

アリアンツ・アレーナで対戦

フィリップ・ラームは、「大切なテスト。誰もが自分のW杯行きを懸けて戦っている」とコメント。バスティアン・シュヴァインシュタイガー、マリオ・ゴメス、ミロスラフ・クローゼとデビュー前のトーマス・ミュラーとともに彼は水曜日、マルティン・デミチェリス率いるアルゼンチン代表と対戦することになる。

バイエルンの6選手が一つのゲームのなかでプレーすることになる、そして対決の場所はこれ以上にないところかもしれない: アリアンツ・アレーナ。ドイツ代表の代表戦がここですでに6度開催されている。アルゼンチン代表監督ディエゴ・アルマンド・マラドーナは、「確実にセンセーションなゲームとなる」と信じている。両チームが最後に対決したのは2006年のW杯準々決勝。ドイツはPK戦の末、勝利している。

リベリー復帰前

水曜日、パリでも接戦が予想される。フランク・リベリーがフランス代表とともにヨーロッパチャンピオンのスペインと対戦する。リベリーは数ヶ月の離脱後、昨年の9月以来の代表入り。FWジブリル・シセは、「彼は自信と闘争心で試合に臨むことになる」と語った。