presented by
Menu
「これ以上に良いことはない」

FCB、首位に返り咲く

閃光が飛び散る活字のなか「創立110周年FCバイエルン」と「ミア・サン・ミア(我々)」をピッチ上で目にすることができた。これにFCバイエルンは、「われわれは再び1位」と添えることができた。レコードマイスターはハンブルガーSVに1:0と勝利、前節まで首位だったレヴァークーゼン(0:0ケルン戦)を追い越し、57節(652日)ぶりにブンデスリーガ首位に立った。

カール=ハインツ・ルンメニゲは試合終了後、「とても満足」して帰途につくことになった。FCバイエルン取締役社長は、「記念日と同時に首位浮上 – これ以上に良いことはない」と「パーフェクトな週末」を喜んだ。「レヴァークーゼンがわれわれにすばらしいプレゼントをしてくれた。われわれはこれを今日受けとることになった。」バイエルンはこのプレゼントをもう二度と手放すつもりはない。ルンメニゲは、「われわれは57節、日の当たる場所にいなかったんだ。われわれは今、日の当たるところにいて、再び陰に入るつもりない」とコメント、「われわれを上位から動かすことは難しくなる。」

花火、小臼砲にファンのコレオグラフ(「世代の情熱」)とともに日曜夜、感動的に祝福された – 本来はレコードマイスターの創立110周年メモリアル、しかし最後には待望の首位浮上となった。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「僕たちはこのタイミングを待っていた」とニコリと笑い、マリオ・ゴメスは上機嫌だった:「特別な瞬間は特別な日にとっておかなければいけない。」

特別な瞬間は完売となったアリアンツの6万9千人の観衆の前で100回目の南北対決に訪れた。フランク・リベリーが試合終了12分前、DFガイ・デメルを揺さぶり、渾身のシュート、シュートはニアサイドの隅をとらえた。ルイス・ファン・ハールは、「均衡した一戦だった。ハンブルクはとてもいいチーム。違いは個々の力」と両チームとも決定機の少なかった90分間後に気がついていた。

FCバイエルン側からは51%のボール支配率と49%の対人プレー勝率が、アリアンツ・アレーナでは両チームとも互角だったことを証明していた。トーマス・ミュラーは、「ハードワークのゲーム。ハンブルクは自分たちを苦戦させた」とコメント、「しかし僕たちにはゲームを決めることができるフランク・リベリーがいる。」ミュンヘンは最後には然るべき勝者となった、彼らは90分間、ピッチ上でよりアクティブなチームだった(シュート数16:11、コーナーキック数6:3、クロス数14:7)。

「長いことこのためにやってきた」