presented by
Menu
バイエルン - ハノーファー

ファン・ハール:「すばらしい試合だった」

FCバイエルンはブンデスリーガ首位をキープ。ハノーファー96に7:0と勝利した一戦でミュンヘンは好調さを示し、相手にチャンスを与えることはなかった。ミュンヘンはタイトル争いのなかでは引き続き一歩リード; 水曜日のチャンピオンズリーグ準決勝オリンピック・リヨン戦に向けて万全に仕上がった。



コメント一覧: ハノーファー96戦

ルイス・ファン・ハール:「われわれが今日、これだけボールを動かすことができたことを私は喜んでいる。これが一番大切なことだ。これができれば、われわれには違いをみせることのできる選手たちがいる。このことを今日も確認することになった。アリエン・ロッベンはフランク・リベリーまたはトーマス・ミュラーと同じく違いをみせられる選手。彼らはこのことを証明していた。アリエンの3得点はもちろんいいことだ、だけど私にとっては試合全体が大切なんだ。すばらしい試合だったし、観客も楽しめた。」

アリエン・ロッベン:「とてもいい試合で自分たちもこのような試合を必要としていた。先週のレヴァークーゼン戦では自分たちはいいゲームができなかった。今日は試合開始からアグレッシブで多くのチャンスを作りだし、2:0となった後も得点を奪おうとしていた。後半はいくらかテンポを緩めたけど、それでも自分たちは得点を決めようとしたんだ、というのも自分たちはマイスターになるつもりで、一つのゴールが(マイスター決定に)重要となるかもしれないからね。今日のゲームは自分たちの自信、そして水曜日のリヨン戦にとっても良かった。」

ミルコ・スロムカ:「われわれにとっては苦い一戦となった、われわれの状況からいくとより悪いことだ。チームは今日、先週とは違う顔を示していた。今日は常に一歩が遅れていた。これは一つにFCバイエルンの大きなクオリティ、もう一つにはわれわれにしっかりとして意気込みがなかったことが原因。90分を通じて、われわれは明らかに劣っていた。」