presented by
Menu
「優勢、温かい、ファミリー」

ファン・ハール - 三冠の夢を設計

スタッド・ドゥ・ジェルラでの一戦後のロッカールームでルイス・ファン・ハール監督はチームにこう声をかけた:「ボーフム戦を考えろ!」土曜日のブンデスリーガホームゲームで彼のイレブンはドイツマイスター奪取に向けて次のステップを踏むことになる。

昨年の7月1日、ファン・ハールがミュンヘンで監督に就任。ドイツレコードマイスターの文化とバイエルンの生活感が彼にとっては「温かいコート」のようにマッチすると当時話していた:「我々、そして自分は自分という感覚: (バイエルンは)自信、傲慢、優勢そして誠実、勤勉、革新、そのなかで温かくファミリーなところもある。だから、私がここに合っていると思う。」

母国でAZアルクマールをマイスターへと導いた名監督は「全体の定義」について話した。「ボールをAからBにシュートを放つ選手だけが選手ではない、選手とは環境に影響されていく人間だとも考えている。」彼のトレーニングでは「足よりも頭脳」を求め、FCバイエルンが彼の理想とするサッカーをするまでに1、2年はかかるプロセスについても話した。始めから彼はFCバルセロナがお手本だと示した。始めの2ヶ月間では変更に対して問題が生じてくると予想していた。

実戦ではリーガ第4節に今季初勝利。ファン・ハールの哲学はパス交換が前提、どの選手も自分のポジションで自分の任務を全うしなければならない。このためトレーニングではパスワークがひたすら続けられた。ファン・ハールは選手を褒めることもあれば、大きな声で「さっきは良くなかった」と批判することもあった。