presented by
Menu
当時の再現を

マンU、シャルケ、バイエルンそして2001年

2001年 – チャンピオンズリーグ決勝、PK戦の末に優勝したシーズン。ハンブルクでロスタイムにマイスターになったシーズンでもある。当時、FCバイエルンはCL準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。マンUとの2試合の間にFCBはブンデスリーガで最大のライバル、シャルケ04と激突している。時期も今日と同じく聖土曜日の第29節だった。

今シーズンが2000/01シーズンのような栄光に輝くのであれば、FCバイエルンが反論することはない。しかし、レコードマイスターは土曜、歴史的な模範を覆さなければならない: 当時はシャルケに敗れて首位陥落、今度は首位奪還が重要となる。

「一つの決勝」

マリオ・ゴメスは、「土曜日の一戦に勝つことはとても大切。自力でドイツマイスターになるつもり」と強調した。バイエルンは今現在、シャルケに勝ち点2ポイント遅れをとる。ハミト・アルティントップは、「敗戦が(マイスターの)行方を決めかねない」と自覚してこう強調した:「われわれにとっては一つの決勝戦。」

言葉どおりにミュンへンはマンチェスター戦終了以来、シャルケとの頂上決戦に向けて準備を進めている。ルンメニゲは、「チームはロッカールームで至福感に浸ることなく、シャルケ戦に焦点を当てていた」とマンUに勝利してから1時間も経たぬ間に報告。マルク・ファン・ボンメルは、「今、切り換えなければいけない、今はシャルケ戦が大切。切り換えが早ければ早いほど、土曜日には楽になる」と分かっていた。

2001年の再現

来週水曜のマンチェスターとの第2戦は今のところ、バイエルン選手たちの頭のなかにはない。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「土曜日のシャルケ04戦にとても燃えている」と話した。バイエルンはブンデスリーガ2連敗後に挽回するつもりだ。