presented by
Menu
アリエン・ロッベン

ロッベン、再び決勝弾

オリンピック・リヨンとのCL準決勝第1戦、1:0と勝利したチームのパフォーマンスの中心には再びアリエン・ロッベンがいた。真実の分かる週では、FCバイエルンはレアル・マドリードの新加入選手のプレーを頼りにすることができる。これはブンデスリーガ、DFBカップおよびCLでも変わらない。ロッベンはどの大会でも大抵、試合を決めるゴールを奪ってきた。彼の得点は大事で、とてもきれいな得点でもある。

フィオレンティーナとマンチェスターでもロッベンは芸術的シュートを決めて、FCバイエルンの勝ち上がりに大きく貢献。DFBカップ準決勝シャルケ戦ではハーフコートからドリブル突破して決勝弾を奪った。そして再びリヨン戦でもマン・オブ・ザ・マッチとなった。

ミュラーの頭をかすめる

ロッベンの決勝弾はトーマス・ミュラーのお陰もあった。同ルーキーはミドルシュートを髪の毛でコースを変えて、フランス代表GKを惑わせていた。「散髪に行ってなくて良かった、行く予定はあったんだけどね。スケジュールがうまく合わなかった」とミュラーは笑顔で有名なチームメートのゴールを快く認めた。