presented by
Menu
バイヤー – バイエルン

上位決戦引き分けのコメント

バイエルンがタイトル争奪戦で小さな王手をかけられず、しかし3週間で7試合という過密日程後、レコードマイスターではバイヤー・レヴァークーゼンとの上位決戦で1:1と引き分けたことに満足していた。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「僕たちはここで勝ち点3ポイント欲しかった、しかし勝ち点1ポイントでもいいこと」とチームの気持ちを代弁した。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「1:1に満足することができると思っている。もしかするともう一度PKがあっても良かったかもしれない、しかしレヴァークーゼンにも得点機があった、われわれよりもね。先制点を奪った後にすぐに同点にされ、1:0で逃げ切れなかったことは少しガッカリしている。しかし3週間で7試合後、シャルケに勝ち点2ポイントそしてレヴァークーゼンに勝ち点6ポイント差 – 満足している。」

フランツ・ベッケンバウアー:「バイエルンは単純にボールを失っていた、たくさんのパスを相手に渡していた – これは集中力とコンディションが欠けているときのサイン。しかしこの数週間でみせたチームの力はすばらしいものがある、脱帽することだ。ミュラーへのサルペイのアクションは明らかにファウル、明らかなペナルティーキックだった。結果は全体を通してまずまずだと思う。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「僕たちはここで勝ち点3ポイント欲しかった、しかし勝ち点1ポイントでもいいこと。自分たちは1位で、シーズン終了までに4試合を残して勝ち点2ポイント差、このためマイスター奪取にはいいチャンスがある。」

フィリップ・ラーム:「僕たちは絶対に負けたくなかった、それがうまくいったんだ。できれば勝ちたかったけど、難しいゲームでハードワークの一戦だった。それで勝ち点1ポイントを奪えたんだ。ビルドアップのときにたくさんボールを失っていた、これではサッカーをしてくるチームにはいつも苦戦することになる。僕たちの残りのゲームは楽ではない、幾つかのチームがまだ残留を懸けて戦っている、だけど自分たちは全て自力で決めることができる、終盤が大切になってくる。」

ユップ・ハインケス:「われわれはどちらかというと下をみなければいけないと考えている。だけどチームは今日、戦術的にとても賢いゲームをした。全体的に得点機からいくと勝ちに値するゲームだった。ポジティブなリアクション。今日、主力選手4人を欠いたなかで、今季の自分たちの特徴がだせた。バイヤーはタイトル奪取の有力候補、だけど最後に有力候補だったかどうかが分かるんだ。」