presented by
Menu
試合のコメント

FCB主将「今、然るべきして首位にいる」

数的不利のなか2:1と勝利、首位を奪回して、4日後のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて自信を培った: FCバイエルンは満足して今週を振り返ることできる。「ここで勝つことは義務でもあった」とマルク・ファン・ボンメル主将が10日間以内で2度目の勝利を挙げた後にコメント。ファン・ボンメル:「われわれは今、然るべきして首位にいる。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは今日、チャンスを与えることは少なかった。後半はノーチャンス、そして前半も多くなかった。われわれはすばらしい2ゴールを決めた。とても満足している。われわれは、数的不利では難しくなるだろうと分かっていた、しかし、シャルケがゲームをすることは困難だとも知っていた。コンパクトにしたことで、嬉しいことに結果がでた。いつも言ってきたことだが、最終節が大切で、第29節ではない。しかしながらわれわれは再び首位、まだ3大会に勝ち残っている、これは信じられないことだ。」

ウリ・ヘーネス:「ここまで追い上げられて、10人相手に得点チャンスがなかったことはシャルケ04にとっては大きなショックだと思っている。そして敗戦だからね。われわれにとってはマンチェスターでの一戦に向けてすばらしい追い風だ。」

マルク・ファン・ボンメル:「(勝利を)喜んでいる、ここで勝つことは義務でもあった。これが最低限の目標。ここで敗れていれば、とても難しくなっていただろうね。10対11、おかしなことだけど、たまに(こちらの方が)簡単なときもある。シャルケはロングボールを多用し、崩された場面はなかった。彼らの足下はあまり強くない。もちろん、少しばかりツキもあるけどね。われわれは今、然るべきして首位にいる。」

フェリックス・マガト:「首位であること、マイスターについて話すことなどのプレッシャーはわれわれにはもうない。というのは、このようなゲームの後に誰もマイスターについて話す選手はいないからね。」