presented by
Menu
ウリ・ヘーネスが誇る

「われわれは今、トップチーム」

マドリードでの決勝まで残り3日 – このなかウリ・ヘーネスはインテル・ミラノ戦を強く意識しないことを試みている。「そうでなければおかしくなってしまう」とFCB会長は水曜午後にゼーベナー・シュトラーセのヘッドオフィスでコメント。同58歳はチームの勝利を確信し、このことをプレス談話のなかでもはっきりと強調した。fcbayern.deはヘーネスの大切な発言をまとめてみた。

インタビュー: ウリ・ヘーネス:

問い: ヘーネス氏、土曜日に決勝戦が行われます。チームの今季のパフォーマンスを誇りに思われているでしょうか?
ウリ・ヘーネス:「私はクラブ全体を誇りに思うことができると思っている: この成功のためにハードワークされている。チームと監督は十分に評価されている、しかし取締役、各部長および従業員もとてもすばらしい仕事をしてきた。これはミュラー=ヴォールファートおよび彼の部下がいる医療部門にも同じことがいえる。クラブはこれ以上にないほどいい状態なんだ。」

問い: FCバイエルンは常に模範的なクラブとされています。あまり成功を収められなかったシーズンと比べて今季の違いは何でしょうか?
ヘーネス:「大きな成功を収めるのによく最後のツキが欠けていた。われわれはユップ・ハインケスの後にサッカー監督を探していた。そしてわれわれの下にいるのがチームおよびクラブに功績をもたらしたサッカー監督なんだ。どの選手も日々伸ばしていきたいという人々もいた。ルイス・ファン・ハールはこれを実践したんだ。どの選手も個々およびチームとしてもとても伸びたんだ。これがわれわれの成功の秘訣だろう。監督の功績に私は大きなリスペクトを払っている。」

Frage: すでに決勝戦を前に興奮されていますか?
ヘーネス:「そんなことはない、そうでなければおかしくなってしまう。われわれにはまだ十分に仕事がある。しかしながら、マドリードで息をすると確実に違うだろうね。今回はきっとベルリンのカップ戦決勝とは異なるよ。この大会はクオリティと影響の大きさが違う。このことが私にきっと何かを残すことになるだろう。」

問い: フランク・リベリーを慰めなければいけませんでしたか?
ヘーネス:「彼とまだ話しをしていない。だけど、彼はわれわれが彼のためにすごく奮闘したことを感じたと考えている。この上ないぐらいにね。この数週間の私生活の全ての問題においても、彼はファミリーを雇用主として持つことがどういうことかに気づいた。私は彼の今後については、バイエルン・ミュンヘンにアドバンテージがあると考えている。」