presented by
Menu
ゴメスが得点

バドシュトゥバー、代表デビュー

ホルガー・バドシュトゥバーが代表デビュー、マリオ・ゴメスが得点 - 新主将フィリップ・ラームおよび新副将バスティアン・シュヴァインシュタイガーを欠くドイツ代表がW杯南アフリカ大会開幕を2週間前に控え、テストマッチを勝利で飾った。同代表は土曜夜、ブダペストでハンガリー相手に3:0と快勝。ラストテストマッチとなる来週木曜日のフランクフルトでのボスニア・ヘルツェゴビナ戦に自信をもって臨むことができる。

ラーム、シュヴァインシュタイガー、トーマス・ミュラーおよびヨルク・ブットらバイエルンプロ選手を欠くなか、元バイエルン選手ルーカス・ポドルスキーが前半5分にPKを決めて、代表イレブンに先制点をもたらした。ミロスラフ・クローゼが代表95試合目でゲームキャプテンとしてイレブンを牽引。交代出場のゴメス(69.)とカカウ(73.)がフェレンツ・プスカシュ・スタジアムのおよそ2万人の観衆の前で格下のハンガリーチーム相手との一戦で快勝をもたらすことになった。

ゴメス、クローゼと交代

W杯最終メンバー発表三日前、ドイツ代表イレブンがまずまずのスタートをきった。ハンガリーの唯一の攻撃選手サンドル・トルゲレ(FCアウグスブルク)がメルテザッカーをコーナーキック後に倒した後、ポドルスキーがPKを確実に決めて1:0。代表72試合中38得点目となり、代表ではPKを100%の確率で決めている(3PK/3得点)。

劣勢のホームチームは0:1のビハインドで前半を折り返せたことをGKガボール・キラリに感謝することになった。代表監督ヨアヒム・レブはこの一戦をテストとして活用し、数選手を投入した。ゴメスは後半16分、クラブの同僚クローゼと交代し、直後に2:0のゴールを奪った。試合終了直前にホルガー・バドシュトゥバーが代表チームでデビューを果たした。