presented by
Menu
歓喜のビールかけ

ファン・ハール「とてもすばらしい」

ルイス・ファン・ハールはシーズン当初、彼のチームに絶え間なくポゼッションゲームおよびプレッシングをトレーニングさせていた、そして最後には自らの哲学の犠牲になった。ベルリンのオリンピアスタジアムの片方のゴール側で彼の選手たちが彼を包囲。バスティアン・シュヴァインシュタイガー、マルク・ファン・ボンメル、ダニエル・ファン・ボイテンおよびダニエル・プラニッチらがスペースを消していった。ファン・ハールは巧みにかきわけて進もうと試みていた。しかしハミト・アルティントップが彼を捕まえ、シュヴァインシュタイガーが最初のヴァイスビールをかけた。

同58歳は、「5、6人でやってきた。だけどまだうまくやったと思う、ぬれたのは少しだけだった」と語った。始めのヴァイスビールかけをうまく切り抜けた。「しかし少しばかり忘れていたときに彼らがまたやってきた。」ヴィクトリーランの際にファン・ボンメルが歓喜の監督に後方から3リットルのビールを浴びせた。同監督はこの祝いを最大に満喫することになった。「とてもすばらしい!」

ブンデスリーガ初のオランダ人優勝監督はずぶぬれのなか飛び跳ね、選手とともにFCバイエルンファンの前で歓喜することになった。彼はすでにハーフタイムに着替えをしてビールかけに備えていた。彼はクラブのスーツからクラブジャージおよびランニングシューズに履きかえ、アシスタントコーチのアンドリース・ヨンカーも彼と同じく着替えることになった。