presented by
Menu
「一つの決勝」

ファン・ボンメルとブット、2度目のCL決勝

準備、緊迫感、ドリーム - マルク・ファン・ボンメルはCL決勝までの時間の経過を知っている。彼は06年、FCバルセロナとともにCL決勝を戦い、優勝を果たした。彼はクラブサッカー最高峰の舞台に戻ってきた - こう気がついていた:「自分にとっても再び新しいこと。」

バイエルンはバルセロナではない、こうファン・ボンメルはコメント:「ほかのクラブでプレーしているし、今は主将、当時は違う。バルセロナでも期待は大きかった。決勝戦に進むなんて誰も計算していなかった。」同33歳は06年を想起していた:「当時もわれわれが偉業を成し遂げることができる感覚はシーズン当初にはなかった。これはシーズン中にでてきた感覚。」

ブットも決勝戦経験者

もう一人の決勝戦経験者ヨルク・ブットも過去と現在に関連することは全くないと考えている。彼は02年、バイヤー04レヴァークーゼンとともにCL決勝でレアル・マドリードと戦い、1:2と敗れた。バイエルンGKは、「もう10年経っている。大きな結びつきはない」と述べた。彼はいくらかリラックスしてマドリード入り。「マドリードでトレーニングをすると緊迫感がでてくる。」