presented by
Menu
バイエルン - ボーフム

マイスターをほぼ手中にした一戦のコメント

FCバイエルン、歓喜爆発。ミュンヘンはVfLボーフムを3:1と撃破、ドイツマイスターをほぼ手中にした。FCバイエルンのマン・オブ・ザ・マッチは3得点のトーマス・ミュラー。二位シャルケ04がヴェルダー・ブレーメンに0:2と敗れた。バイエルンは最終節を前に、シャルケ04に勝ち点3ポイントおよび得失点差17とリード。これによりバイエルンから事実上、タイトルを奪うことはできない。


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは最も大切な目標、ドイツマイスターを達成した。今日の序盤の20、25分はとてもすばらしかった。われわれが今季、アリアンツ・アレーナでみせたなかではベストサッカーだった。シャルケの経過を待つだけだった。私にとってはこのタイトルは一番大きな価値がある。3カ国でマイスターになれる運をもっている監督はこのヨーロッパにはそうはいない。とても誇りにしている。われわれは今、もっと獲得するつもりだ。FCバイエルンは私がこれまでに仕事をしてきたなかでベストクラブだ。」

ハンス=ヨルク・ブット:「35歳で初タイトルはとても特別なもの。浮き沈みがとても多くあり、すばらしい個性のあるチームとともに過ごした信じられないシーズンだった。初めて一番上に立つことができる、信じられない感激がある。」

アリエン・ロッベン:「誇りにしているし、とても喜んでいる。今日までスーパーなシーズン、この一戦の前まではタイトルを獲得していなかったんだ。自分たちは勝って、今、お祝いもすることができる。」

フィリップ・ラーム:「シーズン半ばに首位に勝ち点8ポイント差だったことを考えると、もちろんとてもすばらしいタイトル奪取。シャルケの途中経過がスタジアムで分かったときには鳥肌が立った。自分たちを驚かせたけど、結果を電光掲示板上でもみることができたんだ。信じられなかった。」

トーマス・ミュラー:「とても大きな重圧から解放された。やっと達成できたからね。僕たちは今シーズン、このためにやってきたんだ。不振からチームとともにここまでやれたことを誇りに思っている。タイトル獲得はクラブとチームにとってすばらしいものとなった。」

ダリウス・ボッシュ(VfL監督):「バイエルン、リーガ優勝おめでとう。私のチームの序盤の20分間には満足することができない、だけどわれわれはそれ以降にやっと前線へと勇敢にプレーし、バイエルンが引き続き得点機を得るなかでも抵抗していた。われわれは来週の土曜、ハノーファーをどんなことをしてでも倒さなければならない。」