presented by
Menu
ハットトリック

ミュラーの夢はまだ終わらない

トーマス・ミュラーはいくらか感じていたのかもしれない。FCBFWは試合前に散髪に行き、シックにしてから新生ユニホームを身にまとった。試合前まではVfLボーフム戦で彼のブンデスリーガキャリアでは初となるハットトリックを決めて、FCバイエルンの事実上リーガ優勝を決定的にし、スタンディング・オーベーションやシュプレヒコールで歓喜をあげるとは知る由もなかった。トーマス・ミュラーは今のところ、単純に全てを正しく行っている。

試合後、彼はファンブロックの前でチームの喜びのダンスの音頭をとった。「ブットは歓喜のソングを少しばかり苦手としている。だから自分が代わりを務めたんだ」と彼は後で笑顔を浮かべて語った。20歳の若さと昨季は3部リーガ選手のミュラーが一年の間にFCバイエルンで欠かせない存在になった。

19ゴール14アシスト

彼はボーフム戦、再び彼のクオリティを証明。彼が動くことを惜しむことはなかった、そして彼はFWがどこにいなければいけないのかを知っている。胸(18.)、ヘディング(20.)そして右足(69.)でシュートを決めた。後半9分にはポストが彼の4得点目を妨げた。彼のキャリアのなかでは一番の日となったかと後で問われた。FCB育成選手は、「そうだということができると考えている」と応えた。「今日起こったことはすばらしかった。3得点...(気持ちを)言葉にすることは難しい。とても嬉しい。」