presented by
Menu
ドイツ語で報告

リベリー契約延長: FCB宣戦布告

フランク・リベリーがマリエン・プラッツへ移動中、ファンの包囲網から抜け出すことができなかった。彼はパレード中にファンから再三に渡って抱擁を受けた。彼はTシャツ、ユニホーム、キャップそしてファンから渡されたあらゆるもの全てにサインをすることになった。カール=ハインツ・ルンメニゲが少し後に市庁舎のバルコン上から、すでに前日にサイト上で公になったことを知らせると熱狂に限界はなくなった。

ルンメニゲは、「われわれの友人フランクが土曜、2015年までの新契約にサインをしてくれた」とフランス人と腕を組んでコメント。「リベリー、リベリー、リベリー」の声はミュンヘンの市内に響き渡り、再三に渡りFCB代表取締役社長の話しを中断させた。バイエルンは優勝杯をマドリードから持ち帰ることができず、しかしこのリベリー残留の知らせは多くのファンの悲しみを突然にして和ませることになった。

リベリーはマイクを自らもち、ファンに話しかけた - ドイツ語だった。彼は、「5年の契約をした」とフランス語アクセントでコメント。「今シーズンは自分にとって大変だった。ヒザにケガを負った。だけどチームとファンは自分の側にいて、自分のメンタルにとっては大切だった。バイエルン・ミュンヘンの全てのファンを愛している。ありがとう。」

3年前に当時史上最高額の2500万ユーロでマルセイユから移籍してきたリベリーは彼の契約を早期に延長した。出場停止のためにCL決勝戦に出場できなかった彼の新契約は2015年6月30日まで。「クラブが自分に伝えたファミリーの感覚と私の名前を叫んでくれたファンのためにここに残ることにした」と彼はテレビ局とのインタビューのなかでコメント:「私はとても嬉しい。」

バイエルンファミリーを決断

リベリーがヨーロッパのほかのトップクラブの勧誘に揺らぐことはなく、彼はバイエルンのビッグファミリーを決断した。アリエン・ロッベンは、「彼は単純にここを快適に感じている、ここに残るのはいい選択」と述べた。リベリーはFCバイエルンのベスト契約を手にした。ルンメニゲは、「いい選手はいい給料でプレーすることになる。何故なら彼らはいつかわれわれに収入をもたらしてくれるからね」とコメント、そしてこう示唆した:「われわれはチームがまとまるだけではなく、またワンステップほど強く、そして改善されるように全てのことをしていくことになる。」

バイエルンボスはリベリーの契約延長を「FCバイエルンの今後の大きな成功」の道標と理解していた。バイエルンはフランス人とともに先週末にマドリードで叶わなかったことを達成するつもりだ。ドイツサッカー協会のマティアス・ザマーはバイエルンがこの目的達成のために戦闘態勢にあると考えている:「バイエルンのチームコンセプトは私にとってはまだ成長段階の始め。多くの選手がまだ全盛期を前にしている。」