presented by
Menu
シーズン終了

二冠バイエルン、今季ラストトレーニング

2タイトル、CL決勝と多くの好感を勝ち取った - FCバイエルンは成功あるサッカーシーズンを満足以上として振り返ることができる。マドリードから帰還後、盛大な出迎えにより - およそ3万人のファンがミュンヘンのマリエン・プラッツでチームに歓喜を上げ、都市の中心部へのパレード中には多くのファンが沿道に殺到 - すばらしいシーズンの終わりとなった。

国内二冠の選手、監督とスタッフは月曜、もう一度ゼーベナー・シュトラーセに軽いトレーニングを行うために集まった。この後、チームの多くは休暇に入ることになる。ほかのレコードマイスターの選手たちは逆にこの数日のうちに南アフリカW杯の準備に向けて各々の代表チームに合流することになる。

ジョギング、ストレッチ、食事

フィリップ・ラームは、「僕たちはもう一度みんなで集まるつもりだった。回復トレーニングをして、全ての選手が万全なのか、そして休暇または代表に合流することができるかどうかを検査したんだ」とfcbayern.deの問い合わせにコメント。いつも通り体重と体脂肪率を測定したほかに、医療部門が全ての選手をチェックすることになった。

ピッチ上を軽くランニング、そしてストレッチをした後に今季の最後のランチをとった。ここでダーシー・ノーマンはチームとお別れをすることになった。同38歳の「とてもすばらしく、そして重要な」(ルイス・ファン・ハール)フィットネスおよびリハビリコーチはFCバイエルンに2年間在籍した後、プライベート上の都合でアメリカに戻ることになる。

ダーシー・ノーマンがお別れ

ノーマンは日曜、「バイエルンとの思い出で一つ残ることがある: ファミリーは大切。ミア・サン・ミア(我々)、われわれは私のファミリー」と市庁舎のバルコン上でバイエルンのファンに別れを告げた。月曜日のラストトレーニング後には、チームのなかで「さようなら、ごきげんよう」と話した。

午後には全員がゼーベナー・シュトラーセのトレーニングセンターを去り、各々の目的地に向けて飛び立った。ラームは、「休暇または代表チームに合流するにしろ、再び自分の時間またはファミリーのための時間としてここから離れることは選手にとっていいことだと思っている」とコメント。

バイエルン7選手がドイツ代表に合流

彼とほかのドイツ代表6選手にとって休む時間はない。彼らは火曜と水曜に南チロルのドイツ代表合宿に参加する。「チームに合流して、みんなと再会すれば、再びモチベーションがトップになる。W杯は4年間に一度開催される、いくらか特別なことだ」とラームは目前のW杯を楽しみにしていた。