presented by
Menu
バイエルン今季二冠

歓喜、二冠、ムード高まる

熱狂に限界はなかった。FCバイエルンの選手たちは歓喜を爆発させ、スタンドにいるファン三万人の前で飛び跳ねた。直前に、マルク・ファン・ボンメル主将が昨季チャンピオンのヴェルダー・ブレーメンとの一戦にセンセーションとなる4:0と快勝した後、黄金の優勝杯を受け取り、ベルリンの夜空に突き上げた。

「フットボールのデモンストレーション」(カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長)、「最高レベルのフットボール」(ウリ・ヘーネス会長)、「唯一無二、感銘を受けた」(クリスティアン・ネルリンガー、スポーツディレクター) – 8度目のダブルタイトルを獲得した首脳陣はワンサイドゲームの後、一週間前に22度目のリーガ優勝を果たした同スタジアムでカップ戦優勝した選手と同じく至福感に溢れていた。「すばらしかった」(ホルガー・バドシュトゥバー)、「センセーション」(バスティアン・シュヴァインシュタイガー)、「夢のよう」(トーマス・ミュラー)とバイエルンプロ選手たちも彼らの首脳陣のように歓喜の言葉を続けた。

相手自らもバイエルンが通算15度目のカップ戦優勝に値するチームだと認めざるをえなかった。ヴェルダーの代表取締役社長クラウス・アロフスは、「今のところ、リーガのほかのチームよりも明らかに格上のチームと対戦した」と話した。警告2枚を受けて退場した後(77.)、ピッチ外から試合終盤を見守った元バイエルンのトルステン・フィングスはこう吐露:「バイエルンは明らかに上だった。彼らは勝利に値するチーム。バイエルンがこのような好調で、自信に満ちあふれていれば、チャンピオンズリーグも心配する必要はない。」

ルイス・ファン・ハール監督率いるチームはマドリードでのCL決勝インテル・ミラノ戦を一週間前に控えて、75.420人のベルリンの観衆の前および多くのテレビ視聴者を前に感銘を与えるゲームをみせた。FCB監督も、「今日はすばらしいゲームだった。とても相手を圧倒するゲームをして、多くの得点機を作りだし、そして多くのゴールを奪った」と「われわれの今季のベストゲームのうちの一戦」が終了した後にとても満足していた。「われわれは本当に勝ちに値していた。」

ブレーメンは前後半の序盤だけ、均衡したゲームを繰り広げられた。もし彼らが少ないチャンスからこの時間帯に得点を奪っていれば、勝敗の行方は分からなかったかもしれない。しかし、バイエルンは主導権を握り、ポゼッションおよびコンビネーションゲームを展開して、多くの得点機を作りだし、フィリップ・ラームが後から説明したように「いい時間帯で」得点を奪った。

アリエン・ロッベンが前半35分、ペール・メルテザッカーのハンドから得たPKを確実に決めて先制。後半開始後にはイヴィチャ・オリッチが、ブレーメンが勢いにのっているときに2:0の得点を決めた(51.)。速攻からフランク・リベリーが3:0のゴールを決めた後、ブレーメンの抵抗が途絶えた。シュヴァインシュタイガーは試合終盤(86.)、卓越した技術から見応えのあるダメ押し弾を決めた。

2001年に勝るチーム