presented by
Menu
ロッベンとリベリー

超一流の両翼

ルイス・ファン・ハールは勝利した後に、個々のプレイヤーを褒める監督ではない。同オランダ人はまとまりを擁護する監督で、チームの和を誰よりも大切にする。しかし、ヴェルダー・ブレーメンに勝利した後、バイエルン監督が彼独特の言い回しで称賛することになった。

同58歳は試合後、「われわれがリベリーおよびロッベンとプレーをすると、通常なら規律で問題が生じる。彼らは今日、規律を守ってプレーしていた、(これができれば)われわれはとてもいいチーム」とプレスカンファレンスでコメント。彼は二人の非凡なプレイヤーについて聞かれる前に話した。

ヴェルダー戦の4:0の快勝は、ここ数週間、数ヶ月にみせてきたミュンヘンの相手を制するサッカーを印象強くデモンストレーションしていた。フランク・リベリーそしてとくにアリエン・ロッベンらが絶賛するゲームだった。ロッベンは快勝した後に、「自分の今季のベストゲームのうちの一つ」とコメント。

彼は右サイドからドリブルで再三に渡り、ブレーメンのディフェンス陣を揺さぶり、PKを決めて重要な先制弾を奪った。彼のキャリアのなかでベストコンディションかという問いに対して、彼はこうコメント:「そうだと考えているよ。今日はとても満足していた。シーズンを通して好調だからいいプレーができるんだ。」

ファン・ハール、リベリーの今季ベストマッチを称賛

左翼のリベリーが活躍したのは攻撃面だけではなかった。3:0とする得点を決めただけではなく、自陣深くまで下がり、守備でも貢献した。ファン・ハールは、「私はフランクに、彼の今季ベストマッチだったと言ったんだ」とフランス人を称賛。同MFは今季、再三に渡りケガにより戦線を離脱してきた。しかしシーズン終盤になり、ほぼベストコンディションに近づいた。リベリーはfcbayern.deとのインタビューのなかで、「自分のなかでは今季のベストマッチの一つにすることができたと考えている」とコメント。