presented by
Menu
持久走の代わりにダッシュ

「試合で必要なことをトレーニングする」

マルセロ・マルティンスのかけ声がトレーニング場隅まで響き渡る。メトロノームのように手を力強くたたき、短く指示を与え、選手たちを発奮させる。彼らはダッシュを開始、とっさに方向転換を行い、マーカーの周りを回り、そしてバーの上をジャンプで越す。

ルイス・ファン・ハールはヘルマン・ゲルラントとゴルフカートに座り、瞬発系トレーニングを観察する。70年および80年代の選手時代、コンディションとパワーのベースを培うこの準備期間始めに全く異なるトレーニングをしていたと彼はfcbayern.deに笑顔で語った。「これがうまくいかないことをみてきた。だから私はほかのトレーニングを発展させたんだ。」

「サッカーはインターバルスポーツ」

メディシングボール?鉛のチョッキ?クロスカントリー?ファン・ハールは首を振る。FCバイエルン監督は、「私にはほかの哲学がある」と説明、「われわれはゲームに必要なことをトレーニングする。」これは持久走ではない。「私は知っている: これはドイツでは多くのところで行われている」とオランダ人、「私はそれをしない。サッカーはインターバルスポーツだからね。」