presented by
Menu
ドイツ代表原動力シュヴァイニー

「誰もが勝利への意欲をみせる」

ドイツ対ガーナ、決勝トーナメント進出の懸かる一戦。ドイツ代表は水曜、W杯南アフリカ大会でグループ最終戦を迎える。バスティアン・シュヴァインシュタイガーは副将およびドイツ代表チームの原動力としてチームを率いる。彼はガーナ戦で代表戦77試合目となる。試合前に同選手がインタビューに応じた。



インタビュー: バスティアン・シュヴァインシュタイガー

問い: ヨアヒム・レブ代表監督を筆頭にドイツ代表チームはガーナとの一戦を前に大きな確信を与えてくれます。これはどこからくるものでしょうか?
シュヴァインシュタイガー:「われわれはセルビア戦、10人でもいいゲームをした。だから確信があるんだ。落ち込むことは何もならない。自信をもってゲームに臨み、ポジティブなことを信じなければならない。そしてピッチ上で誰もが勝ちたいという気持ちをみせなければいけない。ベンチに座るスタッフもそのことに気がつかないといけないんだ。」

問い: このようなグループ最終戦をすでに何度も経験しました - 04年欧州選手権、08年欧州選手権そして今大会 - どこが勝敗の分け目ですか?
シュヴァインシュタイガー:「大切なのは反応するのではなく、反応させること。もちろんクレバーさおよび冷徹さも問われる。自分たちはスキルサッカーをするチーム。ボールを動かして、チャンスを活かすようにしなければならない。」

問い: この重圧のかかるなかで若い選手たちから何を期待しますか?
シュヴァインシュタイガー:「選手が気楽さとクレバーさを合わせもっていることはいつもいいこと。僕たちのチームにはこの組み合わせが存在すると思っている。目標を達成する意志も必要。もしかすると自分たちは華やかなプレーはできないかもしれない、だけど勝つんだ。絶対に勝利する意志が伝わらなければいけない。」

問い: この決戦を前にメスト・エズィル、トーマス・ミュラーまたはホルガー・バドシュトゥバーらはどのような印象をあなたに与えていますか?
シュヴァインシュタイガー:「いい印象だね。若い選手たちの持ち味は気楽さ。メスト・エズィルはボールを持って活きる選手。ホルガー・バドシュトゥバーは十分なプレーをしている、セルビアとの一戦でも全く問題がなかった。このようなタレントが自分たちにいることを僕たちは喜ぶことができる。一年前にこのようなチームとW杯でプレーすることになると誰が考えただろうね?きっと誰もがこう言ったよ: 何?ミュラー?バドシュトゥバー?彼らを知っている者はいなかった。彼らがここまで進歩したことは凄いことだよ。」

問い: 主力としてガーナ戦にどのように臨むつもりですか?
シュヴァインシュタイガー:「自分のイメージ通りにプレーすることをトライするよ。多くのパスをだして、テンポをコントロールし、方向性を定めることを試みることになる。ピッチ上での秩序は絶対に必要、守備もしっかりとこなし、ピッチ上でたくさんのコーチングをすることになる。もちろん、ゴールを決めたいと願っている、だけどそれは大切なことではない。ゴールは通常なら攻撃の選手たちが決めるもの。僕の仕事はチームをクレバーなパスで勝利に導くことなんだ。」

問い: この一戦の勝利は今後の大会にどのような意味をもたらしますか?
シュヴァインシュタイガー:「僕たちが勝てば、それは自信となる。僕たちにはすでに大きな自信があるけど、より大きな自信を培うことになる。大きく羽ばたく可能性がある。グループリーグを突破して、ベスト16、目標を達成したことになるかもしれない – しかしそれ以上のものでもない。自分たちは多くのことを達成するつもりだ。」

問い: しかし多くのことがピッチ上にかかってきます。ドイツはW杯のグループリーグでまだ一度も大会敗退したことがありません。
シュヴァインシュタイガー:「アフリカ人にとってもこの一戦には多くのことがかかっている。大陸全体が、ガーナが次のステージに進出することを望んでいる、というのもほかのアフリカのチームがこのW杯では調子が今ひとつだからね。ガーナにも重圧がある – 自分たちよりもね。」

問い: どのような一戦を予想していますか?チェスのよう一戦になりますか?
シュヴァインシュタイガー:「それは自分たちのやり方ではない。自分たちが前線へとプレーするつもりだということを示さなければいけない。どのアクションでも自分たちが勝ちたいということをみせるんだ。そして後方では誰も突破できないような壁をしくことになる。」

問い: 中央にクローゼの代わりにカカウが入ることにより何が変わりますか?
シュヴァインシュタイガー:「カカウはより流れのなかで仕事をするタイプ。ボールが足下にくることを好み、空中戦はそこまで強くない。これはこの一戦にとてもいいことかもしれない。彼はフレッシュな印象を与える。彼がゴールを決めることを願っている。それが自分たちにとっていいものとなるだろうね。」