presented by
Menu
独創的トレーニング

アマチュア、FCB監督のトレーニングに熱狂

トレーニングがスタートしてから3日目、初のトレーニングマッチが行われた。ルイス・ファン・ハールは水曜午後、プロ対アマチュアで11対11のゲームをさせた。試合結果は1:1(ゴール: オリッチ、イルマツ)。ファン・ハールはアマチュアチームの同点劇を一番喜ぶことになった。FCバイエルン監督はこの数日間、アマチュアチームに対して目を光らせている。

サテライトはW杯に多くの選手が招集されている結果、2週間ほどトップとトレーニングをすることになる。ファン・ハールはこの機会に新結成されたアマチュアチームについてのイメージを抱くことになる。このアマチュアチームにトーマス・クルツとユリアン・ライストの姿があった。22歳の2選手はFCバイエルンIIに新加入した8選手のうちの2人。1週間前から彼らはゼーベナー・シュトラーセで始動し、月曜からハミト・アルティントップ、ダニエル・ファン・ボイテンおよびチームメートとトレーニングをしている。

「常に全力をだす」

ライストは、「楽しいよ。ベスト中のベストとトレーニングできることは一人のサッカー選手として最高」とfcbayern.deに語った。「テレビだけを通じて知っているFCバイエルンの選手たち」(ライスト)へのリスペクトは数日のトレーニングが終わった後も依然として大きかった。クルツは、「違う意識とともにトレーニングすることになる。いつも全力をださなければいけない」とコメント。

ヴァッカー・ブルクハウゼンからFCバイエルンに移籍してきた同FWにとってトップでの2週間は「とてもすばらしい経験。明らかな違いに気がつく。プロのテンポと緊迫感は本当に大きなもの」と彼は語った。ブルクハウゼンからバイエルンのサテライトに移籍しただけですでに違いは大きかった。「レベルが違う世界。」しかしながらトップチームでのトレーニングの基準はもちろんもっと高いものだ。