presented by
Menu
トレーニングスタート

ゲルラント、バイエルンサテライトを再び指導

左足にはギプス - 休暇中にサッカーテニスでアキレス腱を断裂 - だがこれでヘルマン・ゲルラントが立ち止まることはない。サテライト監督に再就任した彼が木曜日、この日始動したサテライトチームを指揮し、これまで通り大きな声で指導した。「タイガー」は「おばあちゃんへのパス!」と選手たちのパス練習でコメント。または「もっと速いプレーをするんだ。松葉杖をついても私の方が速く走ることができるぞ。」

ゲルラントは彼の松葉杖をピッチ上で移動するときだけではなく、ジェスチャーとともに指示を明確に伝えるときにも使用していた。誰がボールをどこにパスしなければいけないのか?そしてどこに走らなければいけないのか?ゲルラントは体と松葉杖を使って練習内容を説明した。負傷している56歳監督は、「とてもいい感じ」とfcbayern.deに語った。同監督はまだ数週間、電動ゴルフワーゲンで移動することになる。「しかしこれは問題ではない。全て観られて、反応そしてアドバイスを与えることができる。」

ゲルラント、トップコーチも兼任

ゲルラントは木曜、トップチームを指導してから一年ぶりにサテライト監督としてピッチに立つことになった。「責任を背負うこと、そして選手を育成することは私にとっては楽しみ」と彼はコメント。FCバイエルンIIに監督のポジションを置きながら、彼は引き続きプロチームのアシスタントコートを務め、そこでもトレーニングをみることになる。このためトップとサテライトチームのトレーニング時間が重ならないようになっている。ゲルラントは、「昔は自分に余力があった」とゲルラントはトップコーチ兼任について笑顔で話した。

ルイス・ファン・ハールが彼に再びサテライトチームを任せることを頼んだときにゲルラントが一瞬もためらうことはなかった。ブンデスリーガへと選手たちを育成していくことは「タイガー」の長年の任務である。「私の願いは、人々がいつかどこかでこう言ってくれることだ: バイエルン・ミュンヘンの育成部門はヨーロッパ全体でベストだとね。」昨季の成功がこれを証明することができる: ホルガー・バドシュトゥバー、トーマス・ミュラー、ディエゴ・コンテント、デヴィッド・アラバとメーメット・エキッチらがFCバイエルンのトップに昇格を果たした。

ファン・ハールと恊働

ゲルラントはファン・ハールと波長が合っている。これまでよりもトップとサテライトの恊働を「もっと密」にしていくとゲルラントは報告。同58歳は、「フェリックス・マガトを除き、トップの監督は一度もアマチュアに目を向けたことはない」とバイエルンのサテライトと14年目のシーズンを迎える58歳は述べた。

ファン・ハールはしっかりと状況を把握して、FCバイエルンIIのトレーニングでも影響を与えることになる。ゲルラントは、「トップチームのようにサッカーをすることになる」と説明した。オフェンシブに、そして創造性のあるゲームを目標にするとも監督は語った。「ルイス・ファン・ハールはわれわれが戦術面でもトップと同じようにプレーすることを望んでいる。ある選手がある一定のポジションでプレーすることを彼が望んでいる場合は選手もそこでプレーすることになる。」