presented by
Menu
W杯

シュヴァイニー、PKキッカーを任される

代表監督ヨアヒム・レブはセルビア戦でルーカス・ポドルスキーがPKを失敗した後、サッカーW杯南アフリカ大会のPKキッカーにMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーを指名した。レブは、「シュヴァインシュタイガーが次のPKを蹴ることになるだろう」と水曜日のガーナとのグループ最終戦を見据えて説明した。シュヴァインシュタイガーとポドルスキーはこれまで「ピッチ上の状況によって判断」(レブ)してきた。シュヴァインシュタイガーは代表戦でPKを外したことがない。彼はこれまでPKを3本決めている。W杯前の3:1と勝利したボスニア・ヘルツェゴビナとの一戦ではPKを2本決めている。

ラームとシュヴァインシュタイガーが出場停止にリーチ
フィリップ・ラームとバスティアン・シュヴァインシュタイガーはほかの3選手と同じくW杯決勝トーナメントに進出した場合、累積で出場停止の可能性がある。サミ・ケディラ、メスト・エズィルとカカウらと同じくバイエルン選手は水曜日のグループ最終戦、出場停止にリーチがかかっている。次に警告を受けると彼らは次戦をスタンド観戦しなければならない。ヨアヒム・レブは、「われわれはイエローカードを受けた選手を頭のなかでブレーキのかかったままゲームに臨ませることはない」とコメント。これまでに受けた警告はベスト8進出後、選手たちが決勝で観戦しなくてもすむように国際サッカー連盟FIFAが取消すことになる。