presented by
Menu
「自分たちの方が勝っている」

バイエルン、独代表の16強入りを信じる

W杯決勝トーナメントが週末からスタートする、しかしドイツ代表チームはグループリーグで最初の一発勝負に挑むことになる。ドイツ代表チームはガーナ戦に勝利したときだけにベスト16入りすることができる。ドイツの全サッカーファンンが水曜夜、代表監督ヨアヒム・レブと彼のチームに勝利を祈ることになる。FCバイエルンではいずれも16強入りを確信していた - fcbayern.deは元代表選手とフロントに話しを聞いてみた。


パウル・ブライトナー(代表戦48試合、1972年欧州チャンピオン、1974年世界チャンピオンと1982年W杯準V):「われわれがこのグループの本命馬および少なくともベスト8進出するという私の判断はセルビアとの敗戦後も全く変わることはなかった。セルビア戦はとりこぼし、だがこれはチームをより強くすることになる。ガーナ戦で快勝することを願っている、2:0でドイツが勝利すると予想している。」

『カッチェ』シュヴァルツェンベック(代表戦44試合、1972年欧州チャンピオン、1974年世界チャンピオン):「ドイツは一つになり、セルビア戦でうまくいかなかったことを再び挽回することになる。われわれはいいゲームをしてガーナを2:0で下すことになる。」

レイモント・アウマン(代表戦4試合、1990年W杯チャンピオン):「チームへの重圧はとても大きい、だから難しいゲームとなる。だがドイツが高いクオリティーとともにベスト16に進出することを信じている。私はドイツが2:1で勝利すると予想している。」

ハンス・プリューグラー(代表戦11試合、1990年W杯チャンピオン、1988年欧州選手権出場):「チームはとても安定した印象がある。若い彼らはきっといいゲームをすることになるだろう。ドイツが確実に次のステージに進出すると考えている。われわれが3:0で勝利、そしてベスト16、それから引き続きいいトーナメント戦となる。」