presented by
Menu
「昨年よりもいい」

ファン・ハール、トレーニング第1週に満足

バイエルン選手は日曜の昼も汗を流すことになった。ルイス・ファン・ハールは土曜日のテストマッチ後、ダウンだけではなく、ダイナミック・トレーニングもすることになった。fcbayern.deはトレーニング後、FCバイエルン監督にトレーニング始動からの1週間をまとめてもらった。




インタビュー: ルイス・ファン・ハール:

fcbayern.de: ファン・ハール氏、昨日はシーズン初のテストマッチがありました。チームの出来に満足されていますか?
ファン・ハール:「昨日のような相手との対戦ではもちろん容易に勝つことができる。そこで最も大切なことは、選手たちが45分間の試合勘を得ること。しかし私は、選手たちが試合前に監督と話した戦術的な決まりごとを実行することを期待している。これができているかどうかをコントロールすることになる。」

fcbayern.de: 選手たちは昨日、決まりごとを守れていましたか?
ファン・ハール:「われわれのアマチュアチームは前半、とても集中してプレーしていた、しかしテンポがまだ高くなかった。トップチームは後半、とてもいいスタートをきり、ボールテンポも高かった、しかし45分間集中することができていなかった。15分後には集中力が途切れていた。これはあってはいけないことだ。」

fcbayern.de: あなたの下で今現在トレーニングをしているアマチュアチームについて話しをされましたが、彼らからどんな印象を受けますか?
ファン・ハール:「皆が喜んでトレーニングしたいようだ。しかしながら彼らが、私が要求したことを全てできるかどかというのは疑問だ。これはいつも難しいことだ。」

fcbayern.de: トレーニング1週間が終了しました。いい1週間でしたか?
ファン・ハール:「もちろん、今週が終わった後の私の感覚はいい。選手たちに昨年よりもこの1週間は良かったと言ったんだ – 当時はトップチームとだけ仕事をしていた。」

fcbayern.de: 選手たちがあなたのこと、およびあなたの哲学をすでに知っていることからもしかするとスタートがよりいいのでは?
ファン・ハール:「アマチュアチームは私のことをまだ知らない。だから一年前と同じくまた難しいことだ。もしかするとアルティントップ、オリッチとプラニッチらベテラン勢がアマチュアチームの良いお手本となっていることによりいくらか容易になっているのかもしれない。基本的に私はW杯出場の13選手ととても難しい準備期間を迎えることになる。だから準備期間を2つのクールに分けたんだ。W杯出場選手が戻ってくれば、われわれのプログラムに移行することが簡単になる。」

fcbayern.de: これはあなたが選手たちに必ず勝ってほしいということではないということでしょうか?
ファン・ハール:「私は彼らが勝ち進んでくれることを望んでいる、しかしバイエルン・ミュンヘンにとっては彼らが敗退してくれることはよりいいこと。負けるのが早ければ早いほど、準備期間にいるのが長くなる。彼がいい準備を一緒にすることが大切なんだ。」