presented by
Menu
チームニュース

ファン・ボンメル、2012年ユーロ出場に意欲

バイエルン主将マルク・ファン・ボンメルはW杯後も代表を続行していくつもりだ。同33歳は2012年のポーランド/ウクライナ共同開催の欧州選手権出場に意欲があると日刊紙『Algemeen Dagblad』にコメント。「W杯には2度出場したが、まだ欧州選手権の経験がない」と彼はオレンジ軍団での今後のプランについて理由を述べた。代表キャップ数56を誇る代表選手は、できれば2014年W杯ブラジル大会でオレンジ色のユニホームを着たいと考えている。「これを達成するには、引き続きインターナショナルのトップクラブでプレーしなければならない。」彼のFCバイエルンでの契約は2011年6月30日までとなっている。

ミュラー、バイエルン勢を信頼
トーマス・ミュラーはドイツ代表が7人のバイエルン勢から得をすることになると思っている。「もちろん、少しばかりバイエルンの血が流れている。僕たちはお互いによく知っていて、共通の理解がある。基本的にお互いによく熟知しているプレイヤーが多くピッチに立てば、メリットだと考えている。しかし、ほかのクラブの選手たちももちろんとてもすばらしいクオリティーがある」とバイエルンプロ選手は新聞紙『FAZ』のなかでコメント。