presented by
Menu
W杯

フランス代表、W杯初戦引き分ける

フランク・リベリー、2010年W杯南アフリカ大会初戦ドロー。フランス代表はウルグアイと対戦、両チームとも得点を奪えずに引き分けた。注意力が散漫となった一戦、お互いに得点機を作れず。フランス代表がウルグアイゴール前で危険になったときには、FCバイエルンのサイドアタッカーが大抵絡んでいた。開催国南アフリカとメキシコが1:1と引き分けた後、グループAの全チームが勝ち点1と並んだ。フランスは6月17日、メキシコと第2戦を戦うことになる。