presented by
Menu
鼠径部痛

リベリーが手術を受ける

フランク・リベリーが手術を受けることになった。同27歳はフランス代表と早期にW杯敗退が決まった後、木曜日にFCバイエルンからチャーターされた個人用ジェット機でミュンヘンに戻った。金曜日にミュンヘン市内のクリニックで鼠径部の手術を受けることになる。

リベリーはすでにシーズン終了後にバイエルンドクターのハンス=ヴィヘルム・ミュラー=ヴォールファートと手術について話しをしていた。同フランス人は数週間前にルーキーのメーメット・エキッチも手術を受けた箇所を痛めている。

リベリーは夏のバケーションに入る前に、数日間クリニックに滞在することになる。今現在の状況ではルイス・ファン・ハールは新シーズンスタートから同サイドアタッカーを構想に入れることができる。