presented by
Menu
盛大な歓迎

オレンジ軍団、失望と歓喜の狭間

ミュンヘンではカーパレードで行われたものが、アムステルダムでは水上で開催されることになる。オランダ首都運河のボートパレードとともにマルク・ファン・ボンメル、アリエン・ロッベン、エドソン・ブラーフハイトらオレンジ軍団が故郷で祝福されることになる。パレード前にオランダ女王ベアトリクスと首相バルケネンデらがW杯準Vチームを出迎えることになる。祝福ツアーは同日夜、大きな花火とともに国立美術館の前で終了することになる。

しかしオレンジ軍団はパレード前、母国での歓喜の歓迎に戸惑いがあった。ロッベンは、「難しいもの。チャンピオンズリーグ決勝後もそうだった」とfcbayern.deとの談話のなかで5月終わりのミュンヘンでのカーパレードを思いだしていた。W杯制覇の夢が消滅した後、失望感は大きい。「われわれはもう少しでタイトルを獲得できていた。とても残念。このようなチャンスはもしかするともうこないかもしれない」とFCバイエルンプロ選手はコメント。

ロッベン、カシージャスと主審

スペインとの決勝戦、全く違う形で終わることができていたかもしれない。ロッベンは後半27分、フリーでイケル・カシージャスと1対1 - 得点できず。「これに対して言いわけはできない。決めなければいけなかった」と彼は分かっている。そして後半37分のチャンスの時もレアル時代のチームメートの壁を崩すことができなかった。「ゴールに向かうときにプジョルにファウルを受けた」と彼は分析、「そこで倒れなかったんだ、まだゴールを決めると考えていたから。」しかし、カシージャスがボールを収め、笛が鳴ることはなかった。