presented by
Menu
GKからセンターバック

クラフト、「11人目の選手」としてテスト

トーマス・クラフトはバイエルンのゴール前だけではなく、一つ前線のポジションでも彼の実力を試されることになった。レコードマイスターのメンバーがガルダ湖のトレーニングキャンプでは多くの選手の不参加により縮小、そしてアマチュアの補強においても11人揃わなかったために、同22歳がトレンティーノ選抜との一戦で45分間ほどフィールドプレイヤーとして出場することになった。

一度だけ出番が回ってきて、鮮烈なセーブ(43.)をみせた前半45分後、ルイス・ファン・ハールはハーフタイム時、GKNo.2にセンターバックに入ることを指示。そこで同GKはまずまずの出来をみせた、一度だけ彼にとって危険となった: 彼は後半13分、敵のクロスをわずかにクリアできず、彼の背後でゴールを決められることになった。

慣れないポジションだったが前ぶれがなかったわけではない。クラフトはフィールドでもすでに豊富な経験を培っていたと彼の誕生日後の金曜日に報告していた。「ドバイでのトレーニングキャンプのときに1日ほど11対11のプレイヤーが揃わなかったことがある、そこで監督が自分にフィールドでプレーできるかどうか聞いてきた。何とかうまくできたと思っている、今はもし一人欠けるといつもフィールドに入らなければいけない。」

彼の故郷のクラブSFダーデンでは大切なゲームではフィールドプレイヤー、FWとしてプレーしていた。「いつもゴールを決めていたから」とクラフトは笑顔で語った。ファン・ハールは金曜日のトレーニングマッチでは右サイドバックとして試していた。「そこは多くの運動量がいる。そのほか、より多くの役割がある、だからできれば中でプレーしたい。」

しかしながら彼がこのポジションでGKにとって大切ではない経験を培っているわけではない。ファン・ハールにとって、GKは「ボールを止めるだけではなく」、「11人目の選手」でなければいけない。同11人目の選手は「堅実なプレーをしないといけない」と監督は説明していた。センターバックもフォーバックでは同じようにプレーすることになる。

原則からいくとクラフトはもちろん将来的にGKとして飛躍するつもりだ。監督と話しをして、彼は新シーズン、トップチームでも出場機会が得られるようだ。そうでなければ彼は、「試合経験を積むために」サテライトでゴールを守ることになる。彼の目標を彼ははっきりと明確にした:「早くにできるだけ高いレベルでプレーしたい。」もちろん一番はブンデスリーガ。