presented by
Menu
第1クール終了

ファン・ハール、「とても満足」

ルイス・ファン・ハールは急いでいた。「今日の午後、オランダで講演会があるためにすぐに空港に行かなければいけない」とバイエルン監督は日曜午前のトレーニング終了後、FCB.tvにコメント。今日のトレーニングで第1クールが終了。ファン・ハールと彼のプレイヤーは11日後に対面することになる。7月15日から新シーズンに向けて第2クールがスタートする。

イヴィチャ・オリッチとチームメートは猛暑になるときもあったこの2週間、ハードトレーニングに汗を流すことになった。この期間にノルトホルンで「ドリームゲーム」が開催され、バイエルンは12:0と圧勝。「とても満足している」とファン・ハールはポジティブにまとめた。

しかしながら同58歳は批判的でもあった。彼は時期を同じくして行われているW杯のためにメンバーの半分にも及ばない人数でトレーニングをすることになっていた。日曜午前には、わずかに10人。ドイツおよびオランダ代表がベスト4進出のためにフィリップ・ラーム、マルク・ファン・ボンメルとチームメートは8月2日よりFCバイエルンで準備をスタートすることになる。W杯後、バイエルンの代表選手は3週間ほどバカンスに入る。

「このことを残念に思っている、いい準備ができないから」とファン・ハールはコメント、「私だけではなく、W杯出場選手にとっても困難なことだ。」ブンデスリーガ開幕戦が8月20日のために、バイエルンメンバーに残された時間は2週間半となる。「これはよくない、大きな問題」とファン・ハールはコメント。

今回のバカンスでトレーニングを課さず

W杯出場選手抜きでもほかの選手たちがいいトレーニングを消化できるようにファン・ハールはこの2週間、サテライトと一緒にトレーニングを行った。「アマチュアチームにとってはとてもすばらしい準備期間」とファン・ハールはコメント。同監督はどのトレーニングでもサテライトの選手たちに集中的に接することになった。