presented by
Menu
アルティントップが帰途につく

ファン・ハールメンバー、再び縮小

サテライトチームが木曜夜、FCバイエルンがトレーニング合宿をするガルダ湖を後にしたとき、一人計画に含まれていなかった選手がバスに座っていた: ハミト・アルティントップが急遽、荷物をまとめて、アマチュアチームとともにミュンヘンに戻った。

アルティントップは太ももに筋肉の強いはりを訴えた。このため、トレーニングに参加できず。同トルコ代表MFは医療部門から金曜日もトレーニングを休むように指示がでたために、トレーニング合宿を早期にひきあげることになった。アルティントップは週末、ゼーベナー・シュトラーセで集中的に治療を受けることになる。

これによりリバデルガルダでのファン・ハールのメンバーは再び縮小することになった。12分×4本のテストゲームでは控えGKトーマス・クラフトが右サイドバックとして出場。いずれにしてもバイエルン監督が土曜日のトレンティーノ選抜との一戦でどのようなイレブンをピッチに送ってくるのか楽しみにすることができる。

フィットネスコーチのマルセロ・マルティンスも金曜午前のトレーニングで試合形式に加わった、クラフトはこの時、センターバックとしてテストされた。土曜日の一戦でチームを形成するためにアマチュアのメンバーが数人ほどガルダ湖に残った。

それでもスポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは試合の意義を問うつもりはない。「試合を決めたときに、われわれのW杯出場選手がここまで成功すること、およびダニエル・ファン・ボイテンとハミト・アルティントップが周知の理由で欠けることなどは分からなかった。だがわれわれはそれでもこの状況からベストを尽くして、いいゲームができるように試みることになる。」