presented by
Menu
「まだ待っている」

ファン・ボイテン、練習と分娩室

ダニエル・ファン・ボイテンから何も気づくことはない。水曜日も連絡がない、日にちが刻々と迫る。同ベルギー人は先頭に立ってダッシュを繰り返す、狭いスペースのなかでのパスゲームではボールと相手をしっかりと把握、汗で濡れたシャツが彼の身体につき、髪も汗びっしょりとなっていた。彼は、「トレーニングで集中を保とうと試みている」とfcbayern.deにコメント。「しかしもちろんいつも少しばかり、連絡があるかどうかを確認している」: 分娩室からの連絡。

ダニエル・ファン・ボイテンがパパになる。今週の週末が出産予定日。「だけど赤ん坊はもちろんいつ生まれてもおかしくない。まだ待っている状態」と同32歳はコメント。同DFはこのためにガルダ湖のトレーニング合宿に参加せず。「(出産に)立ち会いたい。自分の第一子、その場にいて、自分の妻を助けたい。」

「人生のなかで一番大切なことの一つ」

ルイス・ファン・ハールは同DFに父親の感覚が芽生えていることに対し、完全なる理解を示した。ファン・ボイテンは、「彼は私にこの瞬間を満喫するべきだと言ってきた。これは一度きりのこと、第一子なんだ。人生のなかで一番大切なことの一つ」と語った。同選手は彼女と一緒に用意を万全に済ませた。

同ベルギー人は娘だと告げた。ただ名前だけは話すつもりはなかった。ファン・ハールの初戦のスタメンと同じく彼は沈黙を貫いた。スタメンに彼の名前があるのかどうかについてファン・ボイテンが今のところ、考えることはない。「バイエルン・ミュンヘンでは競争はいつもあること。これが自分たち、選手を不安にさせることはない、これは普通のことで、もちろんそうでなければいけない」と彼はコメント、「誰もが全力をださなければいけない。」

「すぐに出発することになる」

そしてファン・ボイテンも全ての力を注ぐ。これを彼からみてとれる。「準備はとても大切」と彼は分かっている。「自分はプロであり、自然体でトレーニングする。」しかし彼女のことを気にかける。「セリーヌはいくつかの電話番号をもっている。例えば、われわれの理学療法士たち。もし何かあれば、彼女はいつも誰かに連絡がつけられる。時が来れば、時間を失うつもりないし、すぐに出発する。」彼から気づくことはないにしても、ダニエル・ファン・ボイテンにとっては普通のトレーニング週間ではない。