presented by
Menu
遅れた幸運

ブット、3位決定戦でW杯デビュー

ドイツマイスター、カップ戦優勝、チャンピオンズリーグ準優勝、そしてW杯南アフリカ大会で3位: GKヨルク・ブットの偉大なシーズンがクライマックスとともにポルト・エリザベスで終了した。ヨアヒム・レブ代表監督が土曜、ウルグアイとの3位決定戦で同36歳GKを起用 - ブットは3:2と勝利とともに彼の汚点のない成功戦績を守ることになった。

GKは、「自分にとってW杯はすばらしい経験だった。とても楽しかった」とコメント。彼はドイツ代表ゴールを再び守るのに7年間待つことになった。GKNo.2ティム・ヴィーゼがケガで欠場、守護神マニュエル・ノイアーはベンチから観戦することを許された。背番号22の彼は一番始めにウォーミングアップのためにネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアムのピッチ上に姿をみせた。

代表最年長選手

ブットは、「監督とチームは私を必要としたときに私を信頼することができると知っている」とノミネートされた後にコメント。レネ・アドラーがケガをした後、W杯最終メンバーに選出された彼はドイツW杯代表メンバー最年長選手としてウルグアイ戦で初のスタメン出場を果たした。真っ赤なユニホームを着用したブットは25分間、一度も出番がなかった。

彼はバックパスを確実に処理、ディエゴ・フォルランのFK(7.)をゴール上に弾いた。フォルランのヘディングシュートのときには、ペア・メルテザッカーがブットをサポート(25.)、1m91のキーパーはエディソン・カヴァニの低い精確なシュートの際にはチャンスがなかった(28.)。すぐに彼は気持ちを切り換え、チームメートを奮起させ、対抗して頭を下げることはなかった。

すばらしいセーブ

ブットが後半、FCバイエルンで彼の契約を2011年まで延長した理由を示した: フォルランのボレーシュートで2:2となったときには彼は動くことができなかった(51.)、しかしカヴァニとルイス・スアレスのシュート時には彼は数秒間の間に2度もすばらしいプレーでチームを救った(48.)。スアレスの低いシュート(62.)も素早い反応でセーブ、フォルランに対しても彼は彼の能力を示すことになった(65.)。

ブットは代表では3度途中出場したことがある: 2000年6月7日リヒテンシュタインとの一戦(フライブルク、8:2)、2002年3月27日ロストックでアメリカとの対戦(4:2)、2003年6月1日にはヴォルフスブルクでカナダと対決(4:1)。同ベテランはユーロ2000および2002年のW杯でもナンバーNo.3として彼の役割を全うし、今回レブから彼のリザーブ時の姿勢を称えられることになった - FCバイエルンの前任GKのように、2006年のオリヴァー・カーン。