presented by
Menu
順調に回復

ブレーノ、復帰に向けて意欲を示す

ブレーノがヒザに手術の痕が残る右足をテーブルラックに置き、集まったジャーナリストの問いに根気強くそして穏やかな声で答えた。ブレーノは彼のプレーのような話し方をする。「静か、だけどすごく集中している」と彼のプレースタイルを語る。彼がピッチ上でプレーすることができるまでに、まだ少し時間がかかる。「できることなら、すぐに明日再びピッチ上に立ちたい、だけど用心して(リハビリを)進めなければならない」とブラジル人はコメント。あと2ヶ月と彼は信じている。

それまでブレーノは引き続き一人でリハビリに励むことになる。彼の十字靭帯および内側半月板損傷から5ヶ月弱、リハビリが順調に進み、ランニングトレーニングを始められるようになった。しかし、まだ100%ヒザに負担をかけることはできない。普通通りに走ることができるまでに、スペシャルランニングマシーン上でトレーニングの負荷を上げていくことになる。

「ニュルンベルクでとてもすばらしい時を経験」

「自分の体調はとてもいい。とても快適に感じている」とブレーノは木曜に報告した。レヴァークーゼンのシュテファン・ラインアルツからファウルを受けた後に担架でピッチから運びだされた2010年3月7日を彼はすでに消化していた、しかしすぐに忘れることはない。今後の対人プレーではケガをしたシーンを思いだすかもしれないと彼は推測した。

しかし、ブレーノはこのことにうまく向き合っていくことになる。大きなケガをしたが、彼は過去6ヶ月を一番いい思い出としている。1月に1.FCニュルベルクにレンタル移籍、彼は同クラブで貴重な試合経験を積むことができた。「ニュルンベルクでとてもすばらしい時間があった、そこでプレーすることができ、自分の能力を示すことができたことに感謝したい」と彼はコメント、「試合のリズムが自分にとってとてもよかった。」

確信させたホームゲーム