presented by
Menu
休暇突入

ミュラー&チームメートが静養

20歳のトーマス・ミュラーが月曜早朝の6時16分にドイツ代表とともにフランクフルトに到着、過密日程のためにいくつかのトロフィーを南アフリカで受けとることができなかった。しかしながら彼はほかのご褒美を喜びことになる: バケーション。「負荷にうまく対応できるタイプ。だけどもちろん少しばかり距離をおくこともそこまで悪くない。リフレッシュすることができる」とミュラーは述べた。同選手はプロ一年目、公式戦66試合に出場した。

ミュラーはほかのFCバイエルンの8人のW杯出場選手と同じく3週間の休暇に入る。彼は8月2日からドイツ代表のほかのミュンヘン選手およびW杯ファイナリストのアリエン・ロッベンとマルク・ファン・ボンメルとともにゼーベナー・シュトラーセでトレーニングをスタートすることになる。

ラームが特別シフト

「たくさん寝て、回復する」 - フィリップ・ラームもこの数日間行うつもりだ。昨季67試合とFCバイエルンで最多出場したドイツ代表主将は特別にすぐに力を集める必要がある。彼は水曜、教会で結婚式をあげることになる。「万全の体調になることを望んでいる。ファミリーおよび仲のいい友達を招待して、約100人のゲスト。もちろん結婚式を楽しみにしている。一生に一度だけのものだからね」とラームはコメント。

第3GKとしてW杯直前に選出されたFCBGKヨルク・ブットは南アフリカでのウルグアイとの3位決定戦でハイライトを経験することになった。代表出場から7年後、4度目でありおそらく最後の出場機会に恵まれた。「代表チームで大きな未来があるとは考えていない」と同36歳は自身の状況を把握していた。