presented by
Menu
「すばらしい」歓迎

リバデルガルダ、バイエルンを出迎え

ルイス・ファン・ハールは水上警察が護衛するボートで一足早くに到着、一番手としてボートからでてきた。彼のチームは観光ボートでリバデルガルダの小さな港に姿をみせた。ほぼ全てのプレイヤーが携帯電話カメラで熱心に接岸する瞬間をビデオに収めた、彼らが目にしたものは誰も予想することはできなかった。

4千人以上のサッカーファンが好意的にFCバイエルンを出迎えるために「ピアザ・トレ・ノヴェンブレ」に集まった。このうちの大半がガルダ湖を観光するドイツ人、彼らの熱狂ぶりにスポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーも、「単純に信じられない」と第一声。

クラブソング「南の星」が流れるなか、バイエルンは団結してFCバイエルンスタジアムアナウンサーのシュテファン・レーマンが待つ特設された壇上に上がった。彼はいつも通りにチャーミングにトレンティーノのバイエルンパートナー - バイエルンの今夏のトレーニング合宿のホストタウン - の歓迎レセプションの司会を務めた。

ネルリンガーは、「われわれがここに来させてもらったことをとても喜んでいる」とリバの町の副町長、トレンティーノ州の郡長および観光代理人が挨拶をした後に感謝の言葉を述べた。彼らはバイエルンの感謝に応え、CLファイナリストをゲストとして迎えることができることを喜んだ。

ファン・ハールが感謝

この後、ルイス・ファン・ハールが想像していなかったファンの多さに感謝していた。W杯出場13選手、アリエン・ロッベン、バスティアン・シュヴァインシュタイガーおよびフィリップ・ラームらレコードマイスターらのトップスターがこのトレーニング合宿で不在なことはすでに周知のことだった。バイエルン監督は、「皆さん、ここに来てくれてありがとう。皆さんを誇りに思います。」ハミト・アルティントップも、「この歓迎はすばらしかった。このことを予想していなかった」とリバデルガルダの盛大な歓迎に熱狂していた、「若い選手たちはとても驚いていた。」

歓迎セレモニーは30分間で終了、その後バイエルンは警察ボートの「キャプテン」ファン・ハールに率いられて再びボートにのり込み、チーム宿舎へと戻った。「ピアザ・トレ・ノヴェンブレ」のスピーカーからこの時、バイエルンソングが流れていた。