presented by
Menu
休暇終了

リベリーとデミチェリスがトレーニング開始

FCバイエルンのメンバーがゆっくりと揃ってくる。フランク・リベリーとマルティン・デミチェリスが休暇を終えた後、日曜午前からゼーベナー・シュトラーセで新シーズンに向けて準備を開始した。

デミチェリスが子供の誕生を待つダニエル・ファン・ボイテンとともにボールを使ったランニングプログラムを消化、一方でリベリーはトーマス・ヴィルヘルミの指導の下、ピッチ上でリハビリプログラムを続けることになった。

6月下旬に両鼠径部の手術を受けたリベリーは、「チーム練習に合流するまでにおそらくもう1週間または10日間ほど待たなければならない」とfcbayern.deに報告。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーはリベリーの状態について「シーズンスタートに間に合うことができる」ことを願っている。

これによりレコードマイスターのW杯出場13選手のうちの2人が再びトレーニングを開始。ドイツおよび主将マルク・ファン・ボンメルを擁するオランダ代表は8月2日からトレーニングをスタートすることになる、「着実に」(ルイス・ファン・ハール)トレーニング始動からいる選手たちのレベルに上げていくことになる。

ガルダ湖でのトレーニング合宿に参加した全ての選手も日曜、ゼーベナー・シュトラーセにいた。彼らは前日にトレンティーノ選抜と対戦後(5:1)、軽いジョギングで回復トレーニングを行った。イヴィチャ・オリッチとチームメートは月曜日オフとなる。火曜日の18時からトレーニングが再スタートする。