presented by
Menu
「タイトル奪取できる」

3人のバイエルン選手がW杯タイトル奪取を目指す

すでに16人存在する。アウゲンターラーからトーンまで。14人のドイツ人、ブラジル人およびフランス人が一人ずつ。彼らはFCバイエルンのプロ選手として世界一に輝いた。日曜日、ここに初めてオランダ人が加わりそうだ。マルク・ファン・ボンメル、アリエン・ロッベンとエドソン・ブラーフハイトはヨハネスブルクでスペインと2010年のW杯タイトルを懸けて戦う。FCバイエルン主将ファン・ボンメルは、「タイトルを奪える力がある」と間もなく16人のバイエルンワールドチャンピオンに加わることを確信している。

彼らの自信は偶然からくるものではない。オレンジ軍団は25試合負けなし、W杯でも唯一全てのゲームに勝ったチーム。やっとW杯タイトルの夢が実現しそうだ。アリエン・ロッベンは、「この間、ビッグファイナルで敗れた。これがもう一度繰り返されてはいけない」と7週間前のCL決勝でインテル・ミラノに敗れたことを回想していた。

「もう1勝」

オランダはW杯決勝に2度進出したことがある。1974年はドイツに敗れ、1978年にはアルゼンチンに敗れた。しかしオランダでも3度目の正直という言葉がある。「32年ぶりにW杯決勝進出を果たすことが自分たちの目標だった。このためにみんながハードワークしてきた」とロッベンはコメント。「この試合に勝つために全力を注ぐことになる。」