presented by
Menu
トレンティーノ合宿

FCバイエルン、夏合宿へ

「信じられない」とルイス・ファン・ハール監督がトレーニングマッチの終わりに罵倒。バイエルン監督が、「信じられない、10対10だぞ。7分間で2ゴールリードされた」とアナトリー・ティモシュチュク率いるチームに向かってののしった。そしてもう一度:「信じられないこと。」数人のバイエルンプレイヤーが困惑してピッチをみつめるなか、多くのファンが58歳オランダ人監督の選手への熱心な指示を楽しんでいた。

周知のとおり、土曜日もプロ選手の大半がトレーニングに参加できなくても、ファン・ハールはいつも通り積極的だった。ミニピッチ上での7対7では同監督から悪いアクションに激しく指摘があった。しかし特別によいプレーをした選手には大きく称賛。ティモシュチュク、ファン・ボイテンそしてオリッチ、またはセネ、サンソーネあるいはサッテルマイアーであっても関係がなかった - ファン・ハールにとっては皆一緒だった。

毎日2部練習

ファン・ハールの選手たちは日曜、月曜日からプレシーズンのクライマックスがスタートする前にもう一度オフをえた。バイエルンは土曜日までリバデルガルダで夏合宿を行う。しかしバイエルン監督はここでもアドリブを強いられる。FCバイエルンのW杯出場選手13人は合宿不参加となる。

帯同するサテライトチームにとってもこの合宿では多くのトレーニングが待ちうける。ファン・ハールは火曜から金曜まで2部練習を行うことになる。土曜日にはアルコのスタジアムにおいて17時からトレンティーノ選抜とテストマッチが開催される。

ゲルラントのチームは金曜日にミュンヘンへ

サテライトの多くが金曜日、ミュンヘンに戻ることになる。ヘルマン・ゲルラントのチームは日曜日、3部リーガシーズン開幕で昇格チームのバベルスベルクと対戦する。3部リーガの数選手はリバに残り、テストマッチを戦うトップチームをサポートすることになる。土曜日の夜にはイヴィチャ・オリッチとチームメートらはヴェローナからミュンヘンへと戻ることになる。

ミュンヘンでの次のトレーニングは7月26日の月曜日。その日からマルティン・デミチェリスとフランク・リベリーがチームメートとともにピッチ上に姿をみせることになる。ドイツとオランダ代表選手は8月2日から新シーズンの準備をスタートすることになる - VfLヴォルフスブルクとのシーズン開幕2週間半前となる。